2017年02月 - 遺品整理・特殊清掃・生前整理ブログ

プロの遺品整理 ココロ
ココロが誠心誠意対応致します。
2017年02月26日 [不用品回収・遺品整理]
戦後しばらくは、日本も貧しく人々は物をたくさん持つことが出来ない時代でした。
しかし、時代が変わり、物をたくさん持つことは豊かさの象徴のような状態になり、今なお、物にあふれかえった生活をしている人はたくさんいます。



量販店と呼ばれるお店では、日用雑貨や家具・家電製品、ありとあらゆる物が安い値段で売られています。



シンプルな生活に憧れながらも。この様なものにあふれかえった中にあって、実際にシンプルになるというのは、一種の挑戦かもしれません。

しかし、時代は変わりつつあります。

物を少なく持ち、長く大切に使うヨーロッパの人々の生活も注目されています。



そんな時代に突入したとはいえ、なぜか物を捨てられない人,片付けられない人、そして安いものをちょいちょい買ってしまう人が多いのは何故でしょうか。



環境というのは、私たちの心と志向の反映なので、ごちゃごちゃした環境や部屋は、私たちの見えない内側が顕在化したもの。

頭の中や心が整理されていない人は、部屋の状態も整理されていない場合が多いのです。



片付いている人の思考や心は、大体の場合安定しています。

物が捨てられない傾向の人も大抵の場合、メンタルの何かが関係しています。

では、捨てられない理由とは、何でしょうか。



・思い出だから

・またいつか使うかもしれないから

・高かったから

・もったいないから

・捨てる事への罪悪感



もったいないという事に関して考えてみると、使わないものにスペースを与えていること自体がもったいないのです。

また、いつか使うかもしれないという理由は、そのいつかは近い将来かもしれず。遠い将来かもしれず、トレンドが一周して10年後くらいかもしれず。

しかし残念ながら、そのいつかはほとんどの場合訪れません。

それが洋服で、念に1回でも登場するなら手放す必要はないかもしれませんが、ハイブランドであっても、2年も3年もちゃくようしていないなら、手放した方がいいです、



物が捨てられない人の傾向は、過去に想いが向いている、物に気持ちを乗せていて、思い出やその過去から決別したくない人です。

過去を見ていることになるので前に進みづらい、前に進みづらいという事は、片付けも苦手な場合が多いのです。



そんな方におすすめなのは、未来を見るトレーニングです。



自分はどんな部屋に身を置きたいのか。というイメージを持つことです。

理想の部屋に身を置いている自分の未来をイメージしてみるのです。



・インテリア雑誌

・家具屋さんへ行く

・モデルハウスへ行く

・スッキリしたお部屋に住んでいるお友達の家に行く



お友達の家などは、実際に行き五感をもって体感すると、家に帰ってからもそのイメージが出来ます。



さあ、片付けのモチベーションが上がったら、実際の片付けに入りましょう!



自分一人ではどうしても無理!

と思った時には、お気軽に専門業者へご相談くださいね。



2017年02月22日 [不用品回収・遺品整理]
幸運を引き寄せる魅力的な家。

今流行りの断捨離と風水では、物を処分する事とラッキーアイテムを置く事とで反対の様な気がいしますが、実は違うのです。
風水は物を置くだけではなく、不要なものを処分する行為で運気をアップする、気の流れを良くするといった事に繋がります。

●引き算の風水!目に入るものすべてが運を作ります。
風水では、部屋の状態がその人の運に関わってきます。目に入るものがすべての運を作るのです。
風水では、たくさんの物を集めておくより、物のバランスの方が大切。
てんこ盛りではなくシンプルに暮らす!風水は引き算なのです。

「シンプルに暮らす」+「風水」と組み合わせることで、単なる「断捨離」ではない風水的な視点から、気持ちが良く心の中が整うお部屋づくりになります。
気持ちがいい家はやる気が出ます!片付いている部屋を見ることで心が整ってきます!
そこにたくさんの情報や仕事が流れ混んできて、幸運を引き寄せるお家になるという事です。

●余計なものが悪運をもたらす!
風水では、古くなったもの、ほこりをかぶったもの=必要がないもの。
役目を終えた、要らないものと考えます。
不要なものを処分すると必ず新しい仕事、出会い、アイデアが入ってきます。
まずは、捨てること!そして部屋には風を入れることで環境を整えて行きましょう。住まいの環境を整えることで、さまざまな形で「幸せ」がやってきます!

●余計なものを溜め込まない
お家をキレイに保ちましょう!
その一番効果的な方法は「お掃除」と「整理整頓」です。無駄なものを捨てて自分にとってお気に入りのものに囲まれて暮らすことです。
シンプルであたたかな生活は、ストレスから解放してくれます。

●変えたいと思った時がチャンス!
運気を育てるのは「家」であり、家が整うと運気が育ちます。そして運気は「変えたい」と思った瞬間から良い方向へと変化していきます。
あれもこれもと欲張らず、まずは小さなスペースから始めましょう。

1日1箇所、例えばテーブルを拭くだけでも運気は改善されます。
とらわれ過ぎず、お家の中のバランスを大事に、居心地の良いお家を作ることが大切なポイントです。

まずは家の中で最も使う頻度が高い「玄関」と「リビング」から始めてみましょう。
悪運をため込むポイントを、改善するだけで運気がアップします。

●玄関のチェック
玄関は良くも悪くもすべての運気が入ってくる場所です。風通しを良くし、明るく清潔な場所として整えましょう。

・下駄箱が匂う。中がぐちゃぐちゃで隙間がない・・・こまめな換気と掃除で湿気を除去。靴と靴の隙間をあけて気の通りを良くしましょう!

・照明が暗い・・・明るい玄関は良い気を呼びます。明るい照明にチェンジしましょう!

・備品の一部が壊れている・・・放っておくと人間関係にひびが入る可能性があります。すぐに修理しましょう!

・スリッパの裏が汚れている・・・裏側をキレイにして良い気を部屋に運びましょう!

・傘立てがない・・・玄関の外に傘立てを置いてください。濡れたものを玄関に置くのは良くありません。円筒型のタイプがおすすめです!

・下駄箱がない・・・小さなものでも良いので下駄箱を置きましょう!

・表札がない・・・木製表札でお家の顔を整えましょう!

●リビングのチェック
リビングは家族のだんらんの場やくつろぎ空間であり、大切なお客様を迎える場所。風水では人間関係、家族運をつかさどる場所と考えられています。

・リビングのカラーがモノトーンでまとめられている・・・明るく温かみを感じる色に変えましょう!

・TVやAV機器など電化製品がいっぱい・・・各部屋に分散して、最小限に減らしましょう!

・入口近くに大きな家具がある・・・別の部屋にずらすか、入口から離して置きましょう!

・足元が寒い・・・ラグマットを引いて、良い気をキープしましょう!

・窓からの景色が気になる・・・昼間をカーテンを3分の1ほど閉めておきましょう!

・半年以上カーテンを洗っていない・・・洗濯するか、新しい物に変えましょう!

・ソファーの上にクッションがたくさん置いてある・・・クッションを置きすぎるのは×。2つか、奇数にしましょう。暖色系がおすすめです!


いかがでしたか?
とても不思議なのは、お部屋を変えたいと思った瞬間から、毎日に素敵な変化が訪れるという事です。

でもいざ片づけを始めると、古い家具や壊れた備品、粗大ごみと部屋中がいっぱいに!
分別するのも一苦労です。

そんな時は年に1.2回大掃除や模様替えの日を決めて、壊れたものや古い家具は思い切って専門業者に引き取りに来てもらいましょう。

お部屋の状態や、住まう人自身を快適にするための法則を知り、さらにご自身のお家やお部屋に取り入れることで、運はもっと、もっと良くなります。運を動かす力は自分自身の中にあります。


2017年02月11日 [不用品回収・遺品整理]
片付けようとしても片付けられない。
女性は隠れADHD症候群(注意欠陥多動性障害)の人が多いそうです。

それも大人になって初めてわかる人が多い傾向にあります。

ADHDの人に限らず、生まれつき片付けが苦手な人は「どうして出来ないの?」と周囲から過剰に指摘を受けると「片付けられる様になろう。」といつも焦りが空回りして処理できず「自分には無理なのだ。」と諦めの感情を抱く様になります。

●ADHDのメカニズムとは
ADHDの特質を持つ人は、知能は標準またはそれ以上の人が多いのです。
何らかの原因で脳内の神経伝達物質がうまく分泌されず、精神的に混乱した状態に陥りやすいと言われています。

病院で診断されて初めてわかる人が多いそうで
特徴としては

・整理整頓が苦手
・忘れ物・無くし物をしやすい
・締め切りや時間に遅れやすい

などがあります。

これらは皆、片付けを困難にする大きなマイナス要因ですので、ADHDの特質を持つ人に片付けが苦手な人が多いのも無理のないことと言えます。

ADHDの人全てが片付けが下手な訳ではなく、中には整理整頓が大変上手な人もいます。

ADHDであってもそうでなくても、片付けに深刻な問題を抱える人には「暮らしを極力シンプルにする」事がとても有効です。
物を減らすことはもとより、ライフスタイル全てをシンプルにするのが大原則です。

●片付けられない人の特徴

・一気に片付けようとする
片付けようと思いつつ変わらない人は、一気に片付けようとします。

・必要なもの、不要なもの見分けがつかない
「安いから」「限定だから」「無料だから」で手に入れたものは、全て不要なものです。

・過剰に収納しようとする
物を捨てて減らそうという発想がなく、何でも収納しようとするのが大きな特徴です。

・片付けられないというトラウマを気にする
「子供の頃に物を買ってもらえなかったから」など、過去のトラウマや育った環境を事を片付けられない理由にする人が多いです。

●片付けを始める際に初めに手をつける場所とは

・所有スペースを確保する
まず一箇所だけ狙いを定め、綺麗な場所を作ります。
そこを基準にし、徐々に周りを片付けていく様にすると良いでしょう。

・キッチン・水回りを整理整頓する
台所にあるものは消耗品が多く、最悪捨ててしまってもすぐに買い直せるので、先に簡単な台所を攻めてしまいましょう。

・捨てられるものはまとめてゴミ袋に詰める
捨てるのはなかなか難しい事ですが、床を露出させないことには始まりません。
貴重品やすぐ使うもの以外はビニールバッグなどに詰めて、引越し前の荷物の様に一箇所にまとめましょう。

・部屋の見取り図を作成する
物を捨ててスペースができた部屋が、また汚れた部屋に逆戻りしない様に、部屋の見取り図を書いて何が何処にあるか書き込んでみましょう。
見当たらなくて余分な物を買い、また物が増えるというリスクが減ります。


●まとめ

・物を増やさない
・無駄に収納家具を買わない
・すぐに捨てられないものは箱にまとめ、一定期間経過したら捨ててしまう
・キッチンだけはいつもキレイにする
・全部一度に片付けようとせず、短い時間で一箇所だけ片付ける

5分だけでも掃除を始めれば「キチンとできる自分」というイメージが湧いてきます。
やはりよく言われている様に定期的に断捨離し、物を増やさない様にするのが一番の解決策の様です。


2017年02月09日 [不用品回収・遺品整理]
生前整理とは亡くなった後、残されたご家族が遺品整理に苦労しなくていいように、生きているうちに身の回りのものを整理することを言います。

その必要性と、具体的にどんなやり方があるのかについてまとめてみました。

●生前整理は必要か?
高齢で一人暮らしの場合、亡くなった後にご自身の遺品を整理してくれる人はいるでしょうか。
もしいない場合、生前整理で身の回りのものや財産にかかわるものを、今のうちに片付けておくことが必要です。
また、一人暮らしでなくても、残されたご家族が遺品整理に苦労することがないよう、生前整理をしておく事が大切です。

生前整理によって、本当に今の自分に必要なものだけがある家の中で暮らしてみましょう。
重苦しい不用品などがなくなった部屋で、自分が好きなものだけに囲まれて暮らす…きっと、そんな生活は、あなたの人生に、ハリをもたらしてくれるでしょう。
またバリアフリーにお部屋を改築しなくてはいけなくなった場合でも、工事をしやすくなります。

●生前整理の進め方ややり方は?

・財産の目録を作る
今持っている財産を、まずは把握することが大事です。
家・土地・現金・預貯金のほかにも、有価証券や不動産の権利書、生命保険証書なども含まれるでしょう。
骨とう品や宝石・車などのものも忘れてはなりません。
まずはその目録を作りましょう。

目録には、その財産がある場所も明記しておくと、残された家族が困りません。
目録を作ったら、生前贈与で相続税がお得にならないか、弁護士や行政書士、司法書士などの専門家に相談するとよいと思います。
専門家は、誰に相続してもらうのか、遺言状などの相談にものってくれるはずです。
よい専門家がいたら、ぜひ相談してみましょう。

・要らないものを処分する
長く生きてこられて、物はそれなりに増えていることでしょう。
着なくなった服や使わない家財道具などは捨ててしまう事が必要です。
後々、残された家族がその処分に頭を悩ませなく良い様に「捨てる」という作業に取り組みましょう。

「捨てる」作業で一番大事なのは、「捨てるもの」を決めるのではなく、「残したいもの」を決め、それ以外を全部捨てるという心がけです。
生前整理をすれば、時間のある時に少しずつ進める事ができます。

●生前整理で出てきた不用品の処分方法は?
生前整理をしたあなたの家には、きっと山ほど不用品が出てくるでしょう。
それらを、一括して引き取ってくれる業者があります。ぜひ利用してみてください。
燃えないゴミや燃えるゴミなどを分別する手間もなく、短い時間でお部屋がすっきりとします。

また生前整理や遺品整理をしてくれる専門業者があります。
そういった業者は、財産や思い出といった大事なものを大切にしてくれながら、ものの整理を行ってくれます。
ぜひ利用してみてください。

生前整理や遺品整理をしてくれる業者があります。そういった業者は、財産や思い出といった、あなたにとって大事なものを大切にしてくれながら、ものの整理を行ってくれるでしょう。快適な生活を手に入れるためにも、ぜひ利用してみてください。

生前整理は残された家族の思いやりにもなり、残された人生を居心地の良い整理された家で過ごす事ができます。

残りの人生を有意義に過ごすためにも、是非、生前整理を行ってみてください。

2017年02月06日 [不用品回収・遺品整理]
気がついたら部屋中物だらけ。
荷物が増えたから収納家具を買おうとやっていたら、いつの間にか立つスペースしか無くなってしまった様な部屋。

油断すると散らかって、あっという間にゴミ屋敷の仲間入りです。

そんな物やゴミが溢れかえってしまった部屋の片付けは、どうしたら良いかまとめてみました。

●ゴミ屋敷の片付けはどこからがおすすめ?
リビング、寝室、自室、洗面所、風呂、トイレ、玄関、台所、子ども部屋・・・・などありますが、一人暮らしの人、家族がいる人、それぞれどの順に片付けるか迷いますよね。
またどんな片付け方が効率いいのでしょうか。

・まずは小さな場所から!
そもそもゴミ屋敷にするほどの片づけ下手ですから、なるべく片づけやすいところから取りかかって、達成感を感じてもらうと継続しやすいと思います。

・リビングなどは後回しで!
日常よく使うリビングなどは、いくら片付けても散らかってしいやる気を無くしてしまいます。
また大きな部屋が片付いてしまうと満足してしまい「もう良いや!」となってしまう可能性があります。

リビングなど大きな部屋は、後回しにしましょう。

・床に落ちているものを全部拾いましょう!
どの部屋がというよりもまず床に落ちている物やゴミを全て拾い、捨ててしまいましょう。

ここでもし「これは使うかも?」と思っても、思い切って処分してしまうのがコツです。

もったいない様ですが、まずは処分して物を減らす事を優先し、必要なのに捨ててしまったものは後日調達し、その際も本当に必要かよく考えて購入する様にします。

そのくらいの心構えでいないと、ものは減らず永遠に片付きません。

・玄関からの道筋を作る!
ゴミ屋敷と一言で言っても程度があります。

少し汚れている程度から、玄関までゴミが溢れかえっている状態までありますが、もしも玄関からの道筋もない程、ゴミが溢れかえってしまっているのであれば、まずは玄関からベランダなどの窓までの道筋を作り、換気をするところから始めましょう。

この時も要るものかを考えずに、全て処分してしまう事です。

ゴミの分別だけしっかりし、とにかく物を減らす事を第一に考え、廊下などに落ちて要るものは全て処分します。

・換気が出来たら水回り!
水回りは臭いの根源になって要ることが多いです。

トイレ・浴室・キッチン・洗面所。

ゴミが溢れかえって要る様なゴミ屋敷となると、その家の水回りはカビだけではなく、もう言葉にできない程の状態になっている事が多いでしょう。

ゴミ屋敷を掃除するにあたって、水回りが一番生理的にも大変ではないのかと思います。
マスク・手袋を忘れず、長い間放置されたカビや垢などをキレイに掃除していきます。

●ゴミ屋敷の片付けの料金や相場
一言にゴミ屋敷の片付けと言っても、ひどい状態になるともう本人ではどうにもならない所まで汚れてしまっているケースがほとんどです。

知人や友人などに依頼して片付けの手伝いをしてもらう手段もありますが、本人が絡んでくると作業がうまく進まなかったり、また片付け後の交友関係に影響するケースもよく耳にします。

知り合いにこそ見せたくないところもありますからね!

そんな時は思い切って、片付け業者にお願いしてみるのも一つの手段です。
素人とは違いプロの手にかかると、あっという間に片付き、ゴミの処理まで心配する必要がありません。

料金は、間取り・スタッフ数・作業時間・クリーニングやワックスのあるなしなどでも、料金の相場がかなり違ってきます。

数万から数十万と部屋の広さに比例して高くなり、業者間の相場も開きが大きくなります。

まずは親身になってくれる業者さんに見積もりを取ってもらいましょう。

スッキリキレイに片付いた部屋での新しい生活を思い描いて、思い切って行動してみましょう!

2017年02月03日 [不用品回収・遺品整理]
掃除や片付けをしようとしても、ついつい後回しにしたり、やってる最中に違う事に目が行ったりなどして、なかなか片付けが進まない。
何処にどう片付けたら良いのかわからない。
片付けなくても何とかやって来れたので、別に片付けなくても大丈夫。

片付けられないと悩む人の中に、女性が多いのも特徴です。

では、なぜ片付けが出来ないのでしょうか。

●部屋を片付けられないのは言い訳?
「片付けられない女たち」という本がベストセラーになった事で、ますますそういったイメージが女性に植え付けられた気がしますが、実際に男性と女性ではその脳の構造から片付けに関しても得手不得手があるようです。

女性の場合一つの事に集中するのが苦手な傾向があり、片付けの最中に他の事が気になったり、何かをしながら片付けをするといった傾向が高いため、なかなか片付けが進まないといった事が起こりやすいのです。

●部屋を片付けられないのは病気?
ADHD症候群(注意欠陥多動性障害)という症状も女性に多いと言われています。

これは集中力が続かなかったり、注意力が散漫になったり、物事に優先順位をつける事が出来なくなったりする事が、片付けられない女性の特徴・原因として現れる場合もあります。

しかし「自分は片付けが出来ないから病気にかかっている」と言った、自己判断はしてはいけません。

本当に心配になった人は、専門医に見てもらう方が良いかもしれません。
そこで投薬などによって、症状の改善も出来るからです。

「注意欠陥多動性障害(ADHD・ADD)」というのは、脳の障害です。

・落ち着かない
・貧乏ゆすりや爪噛みが多い
・忘れ物や無くしものが多い
・時間管理が出来ない
・仕事でミスが多い
・片付けるのが苦手
・衝動買いをしてしまう

など
これらに当てはまる事が多い場合は、専門医に診てもらう事も検討してください。

●部屋を片付けられないのは、どうしたらいい?
整理整頓が苦手な人は同時に捨てる事が苦手な人も多く、どう判断していいかわからず迷いに迷って、物を捨てる事を諦めてしまいます。

部屋を片付けられないのは収納の仕方ではなく、気付かないうちに物が自分の管理できる範囲を超えて、どの様に判断して捨てればいいか「捨てられない」ことにあります。

そんな場合は悩まず、専門の片付け業者にお願いする事も一つの手段です。
人の手を借りて一度一気に物を減らし、片付けてしまうのも気持ちがスッキリするかもしれませんね。

このページの先頭に戻る